すぐき~免疫力強化・ぽっこりおなかも解消~京都府

B級グルメ・郷土料理まとめて検索!

すぐきとは

料理名すぐき
別名-
都道府県京都府
地域
発祥時期不明
概要

「すぐき」は、京都府の郷土料理。

千枚漬、しば漬と並ぶ京漬物です。

京野菜の「すぐき」と塩だけで漬け込んで作られ、「室」や樽の中に住み着いている乳酸菌によって乳酸発酵作用して深い酸味を作り出しています。

江戸時代初期には上賀茂の特産品として、御所をはじめ公家の諸家など上層階級の人々から夏の味として珍重され、江戸中期以後は、「すぐき漬け」の贈答が上賀茂社家の間で年中行事として慣例化しています。

また、「京都パストゥール研究所」の岸田網太郎博士は、すぐきに「ラブレ菌」が多く含まれていることを発見しました。

「ラブレ菌」はガンやウィルスから身体を防御するインターフェロンを生成を高め、安全で副作用のない免疫力助長効果があるとされています。また、整腸作用によってぽっこりおなかを抑える効果がマスコミなどで紹介され、健康食として注目を集めています。

すぐきの映像

「すぐき漬け」上賀茂神社に奉納|12月09日 京都府のニュース

すぐきに関するQ&A情報


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください