しば漬け~酢を使わないのが本来のしば漬け~大原


B級グルメ・郷土料理まとめて検索!

しば漬けとは

料理名しば漬け
別名柴漬
都道府県京都府
地域大原
発祥時期
概要

しば漬け(柴漬)は、京都府の郷土料理。

茄子と赤紫蘇に塩を振り、樽の中で長期熟成させた自然乳酸発酵の京漬物で、紫蘇の鮮やかな赤紫色と強い酸味が特徴です。

現在は、酢漬けのしば漬けが主流となっていますが、本来の製法では酢は使わず、1年余りの自然発酵によって酸味が生まれます。

京都大原は昼夜の寒暖の差が大きく 良質の紫蘇が収穫できることから、「しば漬」の産地として名高く、現在も大原では昔ながらの酢を使わない製法のしば漬け(生柴漬けと呼ばれています)を生産されている「しば久」、土井しば漬け本舗などがあります。

しば漬けをAmazonでさがす
しば漬けを楽天でさがす

しば漬けの映像

【上村崇の週刊京都チャンネル】2017/10/11放送分 小学校の給食にしば漬けが?!そこには、深いワケが!1本1万円?!高級煎茶をボトルで販売の実は!

【日本全国レトルトカレーお取り寄せ】付け合わせがしば漬けという一風変わったカレー【京都府 おつけもんとカレーどす。】

ポテトチップス京都しば漬け味和歌山ラーメン味食べてみた結果

しば漬けに関するQ&A情報


This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*