かんぴょう料理 (栃木県上三川町など)

B級グルメ・郷土料理まとめて検索!

かんぴょう料理とは

料理名かんぴょう料理
別名-
都道府県栃木県
地域上三川町など
発祥時期1712年(正徳2年)
概要

「かんぴょう料理」は、栃木県上三川町などの郷土料理。

干瓢(かんぴょう)は、夕顔の果実(ふくべ)をひも状に剥いて乾燥させたもので、繊維質が豊富で消化も良く、鉄・リン・カルシウムなどが豊富な健康食品です。

栃木県は干瓢の国生産量の90%以上を占める特産地で、全国的には巻き寿司やちらし寿司の具として、また昆布巻きや巾着を結ぶなどが一般的ですが、栃木では昔から煮物や炒め物、卵とじ、酢の物などにも利用され、近年ではサラダや揚げ物の衣としての利用など新食材としても利用されています。

かんぴょう料理に関するQ&A情報


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください