メダカの佃煮 (新潟県見附市、五泉市村、東蒲原郡など)


B級グルメ・郷土料理まとめて検索!

メダカの佃煮とは

料理名メダカの佃煮
別名-
都道府県新潟県
地域五泉市村松地区、東蒲原郡阿賀町
発祥時期不明
概要

「メダカの佃煮」は、新潟県見附市、五泉市村、東蒲原郡などの郷土料理。

メダカを醤油で煮付けた素朴な料理です。
一人前30匹、一匹ずつ尾を持って食べるのが作法とされています。

新潟でははメダカを「うるめ」と呼び、昔から貴重なタンパク源として食されてきました。
1980年代頃から用水路の整備などが進んだことでメダカそのものがいなくなってしまい、近年までは地元の人々の口に入ることもなくなってきていました。

しかし、現在、養殖によってこのメダカの佃煮(ウルメの佃煮)が復活しています。
そのホロ苦い味わいを懐かしむ人々や、新しい高級珍味として、見附市が運営するショッピングモール「どまいち」や東蒲原郡の「うるめっこ組合」で販売されています。

メダカの佃煮をAmazonでさがす
メダカの佃煮を楽天でさがす

メダカの佃煮の映像

メダカの佃煮に関するQ&A情報


This entry was posted in 新潟県 and tagged , , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*