鴨鍋~コレステロールを下げる脂身~琵琶湖周辺


B級グルメ・郷土料理まとめて検索!

鴨鍋とは

料理名鴨鍋
別名鴨すき
都道府県滋賀県
地域琵琶湖周辺
発祥時期不明
概要

「鴨鍋」は、滋賀県琵琶湖周辺の郷土料理。

カモの肉をネギなどの野菜と共に煮た鍋料理、もしくはすき焼きにして食します。

湖北長浜市の20店ほどの料理店では、11月中旬から3月に、天然真鴨の鴨鍋や肝焼き、刺身などが提供されています。

琵琶湖では、真鴨が冬の訪れとともにシベリアから飛来して越冬します。
長い旅の間に引き締まったしっかりとした歯ごたえの肉質と寒さから身を守るための脂身の甘さが格別です。

現在は野鳥保護の観点から琵琶湖での真鴨は禁止されてしまいましたが、湖北地域では昔から貴重なたんぱく源として大切にされてきました。
天然のマガモを飼育・販売しているところがあり、鴨料理は土地の名物として息づいています。

鴨の脂には、血中コレステロール値を低下させる不飽和脂肪酸やビタミン(A、B2)などが多く含まれています。
また、 牛、豚肉に比べてミネラルやビタミン類が豊富に含まれ、鉄分は豚肉の2倍、レチノール(ビタミンA効力)も牛、豚肉の3~5倍の数値ともいわれています。

鴨鍋をAmazonでさがす
鴨鍋を楽天でさがす

鴨鍋の映像

【ふるさと鍋】滋賀・長浜の鴨すき

鴨すき鍋 のレシピ | 料理サプリ

鴨すき鍋 のレシピ | 料理サプリ

鴨鍋に関するQ&A情報


This entry was posted in 滋賀県 and tagged , , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*