酒寿司 (鹿児島県)


B級グルメ・郷土料理まとめて検索!

"鹿児島酒寿司"とは

料理名"鹿児島酒寿司"
別名-
都道府県鹿児島県
地域
発祥時期江戸時代初期
概要

「酒寿司」は、鹿児島県の郷土料理

白飯に地酒をまぜ、半日から一日寝かせて発酵させたものに鯛や海老、蛸、烏賊などの魚の切り身、さつまあげ、かまぼこ、たけのこ、しいたけなどを乗せたちらし寿司です。

かつては祝い事などハレの日に供されていましたが、最近は作る家庭が少なくなってきています。
郷土料理店などで提供されているところもありますが、仕込みにも時間がかかりますので、2日程度前までに予約が必要なところが多いようです。

酒ずしの要の「地酒」は、もろみを圧搾する前に、高温多湿の鹿児島で酒の変質を防ぐ木灰汁を加えた「灰持酒」と言われる調理酒で、独特の甘みとうま味を持った酒が使われます。

"鹿児島酒寿司"をAmazonでさがす
"鹿児島酒寿司"を楽天でさがす

"鹿児島酒寿司"の映像

"鹿児島酒寿司"に関するQ&A情報


This entry was posted in 鹿児島県 and tagged , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*