白酒煮 (大分県中津市)


B級グルメ・郷土料理まとめて検索!

"中津の白酒煮"とは

料理名"中津の白酒煮"
別名-
都道府県大分県
地域中津市
発祥時期不明
概要

「白酒煮」は、大分県中津市の郷土料理。

塩魚を茹でて、白酒で煮る料理です。

中津は江戸期末期より昭和初期まで、中津城下では数か所の醸造所で「白酒」が盛んに作られ、桃の節句(ひな祭り)だけではなく一年を通じて販売されていました。
商家を中心として婦女子が愛飲し、夏は井戸で冷やして飲んでいたと言います。

大分の白酒は、北部九州の「練酒」(ねりざけ)の製法を受け継ぎ、古代酒の原型を最も留めている酒とも言われます。
造り地元の老舗「嶋澤酒蔵」で製造・販売される白酒はアルコール度数は12度あります。

"中津の白酒煮"をAmazonでさがす
"中津の白酒煮"を楽天でさがす

"中津の白酒煮"の映像

"中津の白酒煮"に関するQ&A情報


This entry was posted in 大分県 and tagged , , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*