生姜味噌おでん (青森県青森市)

B級グルメ・郷土料理まとめて検索!

生姜味噌おでんとは

料理名生姜味噌おでん
別名-
都道府県青森県
地域青森市
発祥時期不明
概要

「生姜味噌おでん」は、青森県青森市の郷土料理。

終戦後の青森駅周辺に建った闇市(古川闇市)で、味噌だれにすりおろした生姜を入れたおでんが提供され、
青森と函館を結ぶ青函連絡船は大変な寒さでしたので、体が温まる生姜味噌おでんは喜ばれました。

現在では津軽地方一帯でおでんと言えば生姜味噌おでんのことを指します。

青森商工会議所が中心となって、新幹線の青森開業に合わせて姜味噌おでんで町おこしを、と、
平成17年(2003年)に「青森おでんの会」を発足、
現在市内二十数店の飲食店をはじめ、おでん具材などを販売する店舗などにロゴマークを配布するなど、普及につとめています。

生姜味噌(4人分)の作り方
酒(1/2カップ)を鍋にかけてアルコールを飛ばし、だし汁(1/2カップ)、みりん(1/2カップ)と津軽味噌(125g)を加えて沸騰させ、
あら熱がとれたら生姜(1個・50g)をすりおろして加えます。

生姜味噌おでんに関するQ&A情報


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください