甘エビの具足煮 (石川県)

B級グルメ・郷土料理まとめて検索!

甘エビの具足煮とは

料理名甘エビの具足煮
別名-
都道府県石川県
地域
発祥時期不明
概要

「甘エビの具足煮」は、石川県の郷土料理。。

甘エビ(北国赤海老・ホッコクアカエビ)を姿煮にした料理です。
身やミソだけでなく殻からも深いコクの出汁が出て、甘エビのすべてが味わえる料理です。

だし汁350cc程度に、薄口醤油30cc、ミリン30ccを加えた煮汁で甘海老を5分ぐらい煮ます。
生食用ならもっと短い時間で。煮過ぎると身が固くなってしまいます。

具足とは、武士の鎧や兜の事で、エビの頭も殻もつけたまま煮ることからこの名前がつけられました。
殻ごとすべて食べてしまう人も多くいますが、普通は殻を剥きながらいただきます。頭の味噌はぜひ召し上がってください。

「甘エビ」という呼び名は石川県が発祥です。
能登半島沖合の水深200-600mほどの深海砂泥底でオスとして生まれ、5年前後からメスに変わる不思議な生態を持っています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください