沖縄そば (沖縄県)

B級グルメ・郷土料理まとめて検索!

沖縄そばとは

料理名沖縄そば
別名ソーキそば
都道府県沖縄県
地域
発祥時期明治中期
概要

「沖縄そば」(ソーキそば)は、沖縄県の郷土料理。

豚骨やカツオ節の出汁に太い麺、豚のあばら肉(ソーキ)を具材が特徴です。
麺は、中華麺と同じく小麦粉と、ガジュマルなどの薪を燃やして作った灰汁(かん水の役割)を加えて打たれたものが本式です。

沖縄県内で1日に15万食以上消費される、代表的な郷土料理で、地元では単に「そば」「すば」と言えば、沖縄そばのことを指し、蕎麦を使ったものは、「日本そば」「黒いおそば」と呼ばれています。

琉球王朝時代に宮廷料理として中国から伝わったものとされ、大正時代からようやく庶民が口にするようになり、戦後、県民食として定着していきました。

Photo:DSC_0452 By Photo:2016-01-10,この日の夕食,沖縄県那覇市 By Photo:#6266 Okinawan noodles (沖縄そば) By Photo:あかさたな By

沖縄そばに関するQ&A情報


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください