柿の葉寿司~たまに無性に食べたくなる~奈良県


B級グルメ・郷土料理まとめて検索!

柿の葉寿司とは

料理名柿の葉寿司
別名-
都道府県奈良県
地域
発祥時期不明
概要

「柿の葉寿司」は、奈良県の郷土料理。

酢飯に酢でしめた鯖や鮭・小鯛などをの切り身をのせ、柿の葉で包んで一晩「押す」押し寿司です。

一晩押すことで味をなじませ、また柿の葉の香りが寿司全体に移ります。
柿の葉には殺菌効果があるといわれており、冷暗所であれば数日程度の保存も可能です。

柿の葉寿司は江戸時代中期から作られだしたと言われています。

海から陸路あるいは紀の川を運ばれてくる間に魚などは腐ってしまいますが、大量の塩を魚の腹に詰めこむ「浜塩」と呼ばれる保存法によって内陸の奈良でも魚が食べられるようになり、塩漬けにした魚に、米を合わせ、殺菌効果のある柿の葉でくるむ知恵が生まれました。

関西圏では、「たまに無性に食べたくなるもの」として定着しており、大阪駅、奈良県、和歌山県内のJR線、近鉄線の主要駅などで販売されています。

Photo:_DSC3392 By Photo:Nara - Naramachi: Hiraso - Kakinoha Zushi By Photo:Nara - Naramachi: Hiraso - Kakinoha Zushi By
柿の葉寿司をAmazonでさがす
柿の葉寿司を楽天でさがす

柿の葉寿司の映像

奈良県 御所市 デイサービス 神社 初詣 食事 柿の葉寿司

近鉄奈良駅の駅弁「柿の葉寿司」(中谷本舗)を開封してみた!

【365FOOD】柿の葉寿司「ゐざさ」ランチ

柿の葉寿司に関するQ&A情報


This entry was posted in 奈良県 and tagged , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*