手こね寿司~新鮮鰹の漬けちらし~ (三重県志摩市)

B級グルメ・郷土料理まとめて検索!

手こね寿司とは

料理名手こね寿司
別名こね寿司、漁師寿司、海女桶寿司[126]
都道府県三重県
地域志摩市
発祥時期不明
概要

「手こね寿司」は、三重県志摩市の郷土料理。

カツオやマグロなどの赤身やシイラ、鯵、鰯のお刺身を醤油ダレに漬け込み、酢飯とあわせた「ちらし寿司」です。大葉、しょうが、のりなどの薬味を散らして食べます。

志摩地方では鰹漁が盛んで、女性も海女として働くことが多いことから、夫は持参した酢飯に捕れたかつおをぶつ切りにして醤油につけ、手でこねて食べたのがはじまりといわれます。

現在でも三重県のすし店や料理屋、宴会の席などで食べられています。

Photo:ise_20180209164650 By

手こね寿司に関するQ&A情報


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください