光明寺飯 (大分県国東半島)

B級グルメ・郷土料理まとめて検索!

"光明寺飯"とは

料理名"光明寺飯"
別名-
都道府県大分県
地域国東半島
発祥時期不明
概要

「光明寺飯」は、大分県国東半島の郷土料理。

白身魚のえそのすり身をごはんの上に乗せてお茶をかけたお茶漬けです。
地元でもあまり作られなくなっているのか、大分市内でも光明寺飯と言ってわかる人は少ないようです。

別府湾を挟んだ佐伯市では、古くから「ごまだし」という調味料があり、
これも、えそやタイなどをすりつぶした身と胡麻、醤油などを練り合わせたもので、
佐伯ごまだしうどん」は、佐伯の名物料理になっているほか、
ごはんにごまだしを乗せてお茶漬けにするごまだし茶漬けも一般的に食されています。

"光明寺飯"に関するQ&A情報


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください