ウニ・いくら丼 (北海道沿岸地域)


B級グルメ・郷土料理まとめて検索!

ウニ・いくら丼とは

料理名ウニ・いくら丼
別名-
都道府県北海道
地域沿岸地域
発祥時期不明
概要

「ウニ・いくら丼」は、北海道沿岸地域の郷土料理。

新鮮なウニの甘さやとろみ、イクラのプリプリとした食感の相性が抜群なウニいくら丼。
北海道の取れたてのうには、ミョウバンなどの防腐剤を入れないので苦味がなく、甘くとろけるような味わいです。

濃厚なバフンウニ、あっさりとしたムラサキウニ、イクラは塩漬けやしょうゆ漬けなど季節や店によって多くのバリエーションがあり、北海道の季節を贅沢に味わえる郷土の味として地元や観光客の楽しみのひとつとなっています。

積丹の田村岩太郎商店などでは、「朝うにぶっかけ丼」(3,500円)という、大きなボウルに入った塩水ウニを網じゃくしですくって好きなだけ自分でぶっかける数量限定のメニューがあり、漁の具合によって提供できないこともあるため、幻のウニ丼とも言われています。

ウニ・いくら丼の映像

うにいくら丼

北海道 積丹うにを求めて「浜寿し」へ!! 海鮮丼(アワビやイクラ)も美味しい!

仕事帰り企画第1弾 北海道に海鮮丼を食べに行こう!#1/2

ウニ・いくら丼に関するQ&A情報


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください