イカナゴの釘煮~播磨の春の風物詩~瀬戸内沿岸


B級グルメ・郷土料理まとめて検索!

イカナゴの釘煮とは

料理名イカナゴの釘煮
別名-
都道府県兵庫県
地域瀬戸内海沿岸
発祥時期不明
概要

「イカナゴの釘煮」は、兵庫県瀬戸内海沿岸の郷土料理。

水揚げされたイカナゴを平釜で醤油やみりん、砂糖、生姜などで水分がなくなるまで煮込んだ佃煮の一種で、折れた釘のように見えるため釘煮と呼ばれています。

垂水や明石港では朝早く出漁して昼過ぎには店頭に魚が並び、新鮮ないかなごを求めて人々が集まります。スーパーでは解禁日前から釘煮セットとして醤油やざらめ、大きな鍋や保存用のタッパーが並べられ、各家庭で大量のくぎ煮を作ることも春の訪れを告げる町の風物詩となっています。

阪神のスーパーや、JR新神戸駅・新大阪駅、神戸空港、大阪国際空港、関西国際空港などの土産物店でも関西土産として販売されています。

イカナゴの釘煮をAmazonでさがす
イカナゴの釘煮を楽天でさがす

イカナゴの釘煮の映像

ひょうご五国のめぐみ~旬の食材を求めて~【神戸・いかなご編】

淡路島の土産紹介歌「ニュー・ニューバージョン淡路島みやげなら」

いかなごのくぎ煮作ってみた

イカナゴの釘煮に関するQ&A情報


This entry was posted in 兵庫県 and tagged , , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*