めはり寿司~目も口も大きく開けて~新宮

B級グルメ・郷土料理まとめて検索!

めはり寿司とは

料理名めはり寿司
別名-
都道府県和歌山県
地域
発祥時期江戸期
概要

「めはり寿司」は、和歌山県の郷土料理。

高菜の漬物でご飯をくるんだおにぎりで、現在でも一般家庭でつくられています。
高菜は純粋な塩漬けのみ、一枚一枚を丁寧に採取した葉を使う、熊野地方の名物として、また和歌山を代表する郷土料理です。

南紀の農・山・漁村での腰弁当として数百年の歴史があり、食べるときに目もクチと同じように大きく張る大きさから目を張る寿司「めはり寿司」といわれています。

新宮駅の駅弁「めはり寿し」は、とりわけ有名で、ゴマなどを加えた白米の寿司飯を使用し、小さめの俵型で列車内での食べやすさが考慮されています。紀伊勝浦駅、熊野市駅、和歌山駅などでも駅弁として販売されており、おにぎりにの中の具も、きざんだ高菜漬けの軸や、胡麻、じゃこ、鰹節などを入れたりするなどで多様化しています。

めはり寿司に関するQ&A情報


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください