ひつまぶし~3つの食べ方で3度おいしい名古屋名物~愛知県

B級グルメ・郷土料理まとめて検索!

ひつまぶしとは

料理名ひつまぶし
別名-
都道府県愛知県
地域
発祥時期不明
概要

「ひつまぶし」は、愛知県の郷土料理。

細かく刻んだうなぎをごはんにまぶして食べる名古屋名物「ひつまぶし」。

名古屋の西側に位置する木曽川で手に入りやすかった天然うなぎを材料として、昭和20年代から料亭などのシメの料理として出されてきました。
昔は大きなお櫃に入って、人数分を取り分けていましたが、現在は1人前ずつ出されるのが一般的になっています。

ひつまぶしは、3回味を変えて楽しむのが常識とされ、下記のようにいただきます。

1.おひつに、ご飯と、その上に刻んだ鰻が載った状態で出されるので、シャモジで混ぜながら「十」の形に切分けます。

2.切り分けた一角をそのまま茶碗に一杯取り、そのまま食べます。

3.2杯目を取り、薬味(海苔・ワサビ・ネギ・三ツ葉など)をのせて食べます。

4.3杯目は、2杯目のと同じく薬味を載せたものにお茶かだし汁をかけ、お茶漬けのようにいただきます。

5.4杯目は、「そのまま」、「薬味のせ」、「お茶漬け」の中で一番気に入った食べ方でどうぞ。

Photo:ひつまぶし Eel Hitsumabushi ¥4700 By Photo:ひつまぶし Eel Hitsumabushi ¥4700 By Photo:ひつまぶし Eel Hitsumabushi ¥4700 By Photo:ひつまぶし Eel Hitsumabushi ¥4700 By Photo:The Explanation of How to Eat It Is Enclosed, Hitsu-mabushi, Houraiken, Nagoya, Aichi, Japan, ひつまぶし, 鰻魚櫃飯, 蓬萊軒, 蓬莱軒, あつた蓬莱軒, 本店, 名古屋, なごやし, 愛知縣, 愛知県, あいちけん, 日本, にっぽん, にほん By

ひつまぶしに関するQ&A情報


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください