ばら寿司~「一菜」の知恵~岡山県


B級グルメ・郷土料理まとめて検索!

ばら寿司とは

料理名ばら寿司
別名岡山寿司、祭り寿司
都道府県岡山県
地域
発祥時期江戸時代前期
概要

「ばら寿司」は、岡山県の郷土料理。

バラ寿司は、細かく切ったエビ、焼穴子などの魚介類や、椎茸の煮つけ・かんぴょう・酢蓮根などの具を酢飯に混ぜ混み、紅ショウガや錦糸玉子で上を飾ったお寿司です。

ちらし寿司とバラ寿司を「チラシ寿司」として書かれている書物や情報がありますが、ちらし寿司は、刺身などの握り寿司のネタや玉子焼きなどを、酢飯の上に載せた(散らした)もので、バラ寿司とは作り方が違います。

岡山名物の「ばら寿司」が生まれたのは、江戸時代前期の寛永年間に備前岡山藩主となった池田光政が、質素倹約を奨励して「一汁一菜令」を布告したことで、庶民たちは魚介や野菜を混ぜ込んだ「ばら寿司」を「一菜」としてを勘定したのでした。

ばら寿司をAmazonでさがす
ばら寿司を楽天でさがす

ばら寿司の映像

ばら寿司

おかやま ばらずし

【割烹 かどや】岡山名物「ばら寿司」で郷土の味を堪能する

ばら寿司に関するQ&A情報


This entry was posted in 岡山県 and tagged , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*