じゃこ天~仙台から伝わる味~愛媛県


B級グルメ・郷土料理まとめて検索!

じゃこ天とは

料理名じゃこ天
別名-
都道府県愛媛県
地域
発祥時期不明
概要

「じゃこ天」は、愛媛県の郷土料理。

宇和島でとれる新鮮な小魚のすり身を、皮つきのまますり身にして、形を整え油で揚げた「かまぼこ」の一種です。

魚のすり身を揚げたものを「てんぷら」、じゃこ天のように皮や骨ごと入ったものを「皮てんぷら」と呼んでいます。

宇和島藩の初代藩主・伊達秀宗が故郷仙台をしのんで職人を連れてきて、生産をさせたのが始まりとされています。

宇和島港近辺には、じゃこ天を販売する「かまぼこ店」が30店近くあり、店それぞれに味が違いますので、ぜひ町を歩きながら食べ比べをしてみてください。

じゃこ天をAmazonでさがす
じゃこ天を楽天でさがす

じゃこ天の映像

じゃこてん☆『なないろレインボー』ハートレポートver.

愛媛県の名物がポテトチップスになりました!

亀井のじゃこ天 亀井蒲鉾

じゃこ天に関するQ&A情報


This entry was posted in 愛媛県 and tagged , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*