はらこ飯~鮭の旨さまるごと~宮城県亘理町


B級グルメ・郷土料理まとめて検索!

"はらこ飯"とは

料理名"はらこ飯"
別名-
都道府県宮城県
地域亘理町周辺
発祥時期寛永年間以前
概要

「はらこ飯」「腹子飯」は、宮城県亘理町(わたりちょう)周辺の郷土料理。

サケの身とイクラを盛った親子丼です。
亘理町周辺では、鮭の煮汁で炊いたご飯を使います。

柔らかな「はらこ」が口の中でとろけ、鮭の旨みがしみこんだごはんに脂が乗った鮭の切り身。鮭の美味しさがまるごと楽しめる逸品です。

仙台藩主伊達正宗が、亘理藩に巡視に訪れた際、荒浜漁民の漁師料理であった「腹子飯」をたいへん喜び、側近へ吹聴したことから、世に広まったと言われています。

9月中旬から12月初旬頃まで、町内約20店で提供されているほか、仙台駅や盛岡駅などで駅弁としても販売されています。
また、10月には「はらこめし味くらべ」のイベントが行われ、はらこめしの試食や販売、はらこめし総選挙が行われています。

"はらこ飯"をAmazonでさがす
"はらこ飯"を楽天でさがす

"はらこ飯"の映像

だます。ロードバイクで絶品グルメを食べに行く。

必ず亘理に帰ります

2016年9月 東日本大震災被災地へ

"はらこ飯"に関するQ&A情報


This entry was posted in 宮城県 and tagged , , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*